勃起障害医療

バイアグラ情報

勃起障害医療

[使用の注意]
他の勃起障害医療 Patient(ニトロプルシド・ナトリウムの血小板凝集作用を
補強すると認めました。)を受けている持続勃起症
Patientに、傾向を与えることができる病気(鎌状赤血球性貧血)のペニス
Patientの慎重な管理(慎重に次の患者にそれを与える)
Structurallyな欠陥品患者出血性障害または消化性潰瘍で、安全は確立されません)。
そのプラズマ濃度がお年寄り(65才以上)で増加すると認められるので
低用量(25mg)で投薬量を始めて、慎重にそれを与えます。

プラズマ濃度が高い腎障害(Ccr<30mL/分)患者を増やすと認められるので
低用量(25mg)から投薬量を始めて、慎重にそれを与えます。
プラズマ濃度が肝障害患者を増やすと認められるので、低用量(25mg)で
投薬量を始めて、慎重にそれを与えます。
プラズマ濃度が非特異性のシトクロムP450 3A4阻害剤を受けている
患者を増やすと認められるので、低用量(25mg)で投薬量を始めて
慎重にそれを与えます。

重要な基本的な注意は投薬量の時です、回想と勃起障害の診断と
基礎疾患のための点検と必須の患者へのそれが客観的な診断に
基礎をおいた臨床上の処置制限の調査を、行います。